債務整理の相談の費用はどの程度?|無料で対応している事務所があり

依頼にいくらかかるのか

ジャッジガベル

それぞれの相場について

債務整理を弁護士に依頼する場合、費用がかかります。弁護士はボランティアで活動しているわけではないので、当然手続きをしてもらうのに対価を支払わなければならないからです。債務整理には任意整理や自己破産、個人再生などがあって、どの手段を利用するのかによってもかかる費用は違ってきます。基本的には受任する弁護士や司法書士が料金を設定することができますが、日弁連では債務整理の費用について内部ルールを定めていて、それによると上限が定まっている場合があります。つまり、弁護士は自由に報酬の額を設定できるからといって、いくらでも高く設定できるわけではなく、一定の制約に服することになります。この規定では、非事業者等任意整理事件の着手金については規制がありませんので上限は自由に定められます。しかし、報酬については上限があって、解決報酬金は1社あたり2万円以下、商工ローンの場合は5万円以下となっています。減額報酬金は、減額することができた額の10%以下に設定されています。過払報酬金については、訴訟によらない場合は回収額の20%以下、訴訟による場合は25%以下が上限です。このように、債務整理の費用に上限は設定されていても相場は定まっていませんし、着手金については上限自体がありません。したがって、いくらかかるのかは利用する弁護士によって異なります。相談をした時に具体的な費用の提示がありますので、そこで納得したうえで利用することとなります。

Copyright© 2018 債務整理の相談の費用はどの程度?|無料で対応している事務所があり All Rights Reserved.